Guspirallampec logo plana


著者についてのいくつかの言葉。

20世紀70年代初頭にバルセロナで生まれたジュアン・アントニオ・リンコン・レガズは、サバデル大学コンピュータサイエンス学部経営管理技術工学を卒業し、プログラミングの世界に特化した専門家となりました。

彼は2007年からアンドラに住居を構えているが、それまでにイギリスのマンチェスターや日本の大阪などの街に一定期間住んでいたことがあります。

バルセロナ生まれの著者ジュアン・アントニオ・リンコン・レガズの人生のモットーは「我々はもっと良い状態になれる。もっと悪い状態になった場合には同じように文句を言うけれど、その文句を言う理由がもっとあるということだ。」であり、彼の非順応主義者的性質を反映しています。

Juan Antonio Rincon Legaz


原点

®Guspirallampec.com - これは2006年の7月に始まりました。